家族葬とは、親族や親戚のみで行う小さな規模のお葬式の事です。
ですが親族や親戚と言っても、どこまでが身内に含まれるのか、判断基準に迷ってしまいませんか?
では家族葬に参列するべきかどうか、その判断基準について紹介します。

家族葬の参列に含まれるケース

家族葬では、基本的に遺族側から案内があり、参列願いがあった場合のみ参列する事になります。
そのため近い親族や親戚と、親しい間柄の知人、友人が参列する事になります。

ですが親族や親戚といっても、どこまで含まれるの?
遠縁の場合は、参列すると逆に迷惑?
と参列人数が少ないだけに、気を使ってしまいますよね。

身内の範囲がどこまで含まれるかは、家族葬を行う遺族によって判断基準が異なります。
故人の兄弟や子供など、本当に血縁関係が近い人だけで行う家族葬もあれば、もう少し身内の範囲を広げて叔父や叔母、いとこなどの親族も含まれる場合もあります。故人との生前の交流関係によっても判断基準は変わってくるでしょう。

なので家族葬の場合は、遺族の判断基準に従う事が重要なので、あくまでも参列願いの案内があれば、参列するというスタンスとなります。

家族葬の参列願いについて

先ほど家族葬に参列するかどうかは、参列願いの有無によって判断すると言いました。
では参列願いとはどのようなものなのでしょうか?

まず故人が亡くなった場合に、訃報連絡があります。
連絡方法は、電話で受けた場合は、それが参列願いだと受け取っていいでしょう。
ですが書面で受けた場合は、故人が亡くなった事を伝えるだけなのか、それとも参列願いなのか迷ってしまいます。

ですが葬儀の案内があれば参列願いで、葬儀の案内がない時は訃報連絡のみで参列願いではないと判断すればいいでしょう。
家族葬では参列する事が迷惑になるケースがあるため、明確に参列願いがない場合は、参列は控えた方が賢明だと言えます。

関連する記事