お葬式で家族葬を選ぶ人が増えてきています。
家族葬では親族や親戚のみで行いますが、では親族や親戚以外の人はどのような対応をすればいいのでしょうか?
家族葬が増えてきているからこそ、きちんとマナーを知っておきたいですよね。

家族葬を会社はどう対応するべき?

従来のお葬式であれば、会社の部下の家族が亡くなれば、上司はお葬式に出席したり、遠方で出席できない場合は、花輪や弔電をするのが一般的でした。
しかし家族葬の場合は、会社対応としては、当然参列する事はマナー違反の行為です。
では香典や弔電はしておいた方がいいの?と思う人もいるかもしれません。

家族葬に対して会話側の対応は、正しいルールが存在している訳ではありません。
もしその社員が喪主という立場であった場合は、香典や弔電、供花について、どうして欲しいか相手の意向を聞き相手の意向にそうようにして下さい。

家族葬に対する一般的な対応は、家族葬当日は何も手配せずに、忌引明けに社員が出勤した際に香典だけ渡すようにするといいでしょう。

家族葬に参列する際のマナー

では次に、親族、親戚として家族葬に参列する際のマナーについて紹介します。
一般的なお葬式に参列した経験があっても、家族葬は初めてという人もいるかもしれません。
では一般的なお葬式と家族葬では、マナーの点でどのような違いがあるのでしょうか?

まず服装に関しては喪服なので違いはありません。
家族葬では参列者が限られているため受付がないケースがほとんどです。
そのため受付でお悔やみの言葉を述べる事が出来ないので、遺族に直接お悔やみの言葉をかける事になります。

焼香のやり方は、家族葬だからという違いではなく、故人の宗派宗旨によって作法が異なります。
そのため前の人のやり方を真似して行うといいでしょう。
香典の金額は、一般のお葬式と同額程度の金額を用意しておきましょう。
ですが家族葬では、香典を辞退されるケースが多いため、辞退された場合は素直に従うのがマナーです。

関連する記事